投資顧問を選ぶ際は口コミ情報を活用して信頼できる会社を選ぶ

ローリスクハイリターン

複数のカード

現在では海外FXを利用する人が増えています。利用者が増えた背景として、海外FX会社では日本で提供されていないサービスが多いことが挙げられます。また、カントリー・リスクを懸念して海外先に口座を移す人も増えてきました。日本のFX会社と海外のFX会社の大きな違いとして、レバレッジに規制がいえます。日本の法律では、過度のレバレッジ競争を防ぐために、2011年以降はレバレッジのリミットを25倍までに引き下げる処置がとられました。しかし、海外のFXでは、いまだレバレッジに関する処置が施されていないので、200/500倍~800倍までの高いレバレッジを受け取ることが可能です。また、ローリスクであることも海外FXの魅力の1つです。日本のFX会社では証拠金を超える損失が発生した場合、追証が発生します。追証はFX会社に対する借金のようなもので、全額返済しなくてはなりません。しかし、海外FXでは、証拠金を超えるとゼロカット処置がとられますので、追証を抱える心配も無いのです。ローリスク・ハイリターンなFXのシステムが、海外FXに口座を移す人が増えた大きな理由になります。口座を開設すると、入金などの手続きが簡単なのも海外FXの利点です。クレジットカードやバーチャルマネーで決算ができるので、早急性が求められる入金作業もスピーディーに行なうことができます。今後さらに海外FXの利点は増えていくでしょう。FXの利用を検討されている人も、海外口座の開設をオススメします。